視界遮断,短時間提示などに用いるオクルージョンゴーグル(Occlusion goggles)

▲TOPページに戻る▲  

車載機器評価におけるOcclusion method(視界遮断法:日本自動車工業会ガイドライン3.0,ISO16673),
Interrupted Vision Method(Society of Automotive Engineers:SAE J2364),その他,心理学実験における
様々なTachistoscopic Testなどに使用できる液晶シャッターシステムを開発しました.最大サイズ
2.7m×0.9mまで製作可能です.ノートPCだけご用意いただければすぐに使えます.

 
Occlusionゴーグル装着状況

タイミングは自由に設定可能,メガネ装着者でも問題なく利用できます
上の画像はISO16673で規定されている開閉時間間隔で動いています
 
 
シャッターとヘッドベルト部

ヘッドベルト部と合わせて168gと軽量
 
液晶シャッター制御信号発生部

関数発生器と半導体リレーにより液晶をON/OFF

NCAP層フィルムによる液晶シャッター
平行透過率 ON時:74%    OFF時: 5%
応答速度   ON時:0.34msec OFF時:15msec
使用温度   -20~60℃
駆動電源   AC100V   (車載使用の場合は市販の小型DC-ACコンバーターで利用可能)
半導体リレーによるAC100VのON・OFF方式
開閉の周期  30 msec ~ 24 hour
デューティー比可変
PCにインストールされた制御プログラムによりUSB経由で制御
信号発生部はUSBから電源を供給
液晶シャッターとヘッドベルトの装着部分は168gと軽量

エルゴデザイン研究所 2015.10.26
 
▲TOPページに戻る▲